So-net無料ブログ作成

恥を知る心 [倫理]

人は恥無かる可からず。


又、悔無かる可からず。


悔を知れば則ち悔無く、


恥を知れば則ち恥無し。

                       「 言志晩録」第二四〇条


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P180

-cfc40.jpg

人間は恥を知る心がなければならない。
また過ちを悔い改める心がなければならない。
悔い改めることを知っていれば、いずれは悔い改める必要がなくなり、
恥じる心があれば、いつかは恥をかくことがなくなる。

立志の工夫は、須らく羞悪念頭より、踉脚( こんきゃく)を起こすべし。


恥ず可からざるを恥ずること勿れ。


恥ず可きを恥じざること勿れ。


孟子謂う、


「恥無きを之れ恥ずれば、恥無し」と。


志是に於いてか立つ。

                       「 言志耋録」第二三条


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P196

どのような志を立てるか考えるには、自分のよくないところを恥じ、他人の良くないところを憎むという気持ちから出発すべきである。
恥しなくてもいいことを恥じることはないが、恥ずべきことを恥じなければならない。
孟子は「自分が恥ずべきことを恥じないでいる、それを恥とすれば恥じはなくなる」といった。
これがわかれば、志は必ず立つものである。


[現代語抄訳]言志四録

[現代語抄訳]言志四録

  • 作者: 佐藤 一斎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2005/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント