So-net無料ブログ作成

耳に快いことは要注意 [人生]

耳中、常に耳に逆らうの言を聞き、心中、常に心に払( もとる )るの事ありて、


纔( わずか )にこれ徳を進め行いを修むるの砥石( しせき )なり。


若し言々耳を悦ばし、事々心に快ければ、、


便( すなわ )ち此の生を把( と )りて鴆毒( ちんどく )の中に埋在せしむるなり。


                  洪自誠 

                       守屋 洋 (著), 守屋淳 (著)

                       菜根譚の名言 ベスト100

                        PHP研究所 (2007/7/14)

                       P17

1927653千如寺

菜根譚の名言ベスト100

「人間は自分のことはわからない・・・」ものなんだ。だから、他人が言ってくれたことはやっぱり素直に聞かないとね。

池波 正太郎 (著), 柳下 要司郎 (編集)
新編 男の作法―作品対照版
サンマーク出版 (2004/05)
P54

新編「男の作法」

経営者に役立つのは、耳ざわりな直言である。
[安藤百福] 日清食品創業者 | 1910-2007

「否定と出会う」ことが出発点である。
[ジークムント・フロイト] オーストリアの精神分析学者 | 1856-1939

人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法
水野敬也 (著), 長沼直樹 (著)
文響社 (2012/12/11)
10

信言(しんげん)は美ならず、美言は信しんならず。善なる者ものは辨(べん)ぜず、辨ずる者ものは善ならず。
知しる者ものは博(ひろ)からず、博き者ものは知しらず。
聖人は積まず。既(ことごと)くを以て人ひとの為にして、己れ愈(いよ)いよ有り、既くを以て人に与えて、己れは愈いよ多し。
天の道は、利して而(しこ)うして害せず、聖人の道は、為して而して争わず。

老子
小川 環樹 (翻訳)
中央公論社; 改版 (1997/03)
P169

【送料無料】老子改版 [ 小川環樹 ]

【送料無料】老子改版 [ 小川環樹 ]
価格:580円(税込、送料込)

【鍋島直茂】(一五三八~一六一八)―後悔―

 当時、気味よきことは必ず後に悔やむことあるものなり。わが気にいらぬことが、わがためになるものなり。

日本人の叡智
磯田 道史 (著)
新潮社 (2011/04)
P24


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント