So-net無料ブログ作成

敬と誠 [倫理]

妄念を起さざるは是れ敬にして、


妄念起こらざるは是れ誠なり。

 

                       「言志録」第一五四条

 


                       佐藤 一斎 著

                       岬龍 一郎 編訳

                       現代語抄訳 言志四録

                       PHP研究所(2005/5/26)

                       P68

-ed733.jpg松山城2

みだらな考えを起こさないのが敬であり、みだらな考えが起きないのが誠である。

敬とは、朱子学で最も重んじられる徳目で、自分に対しては慎み深く、人に対してはうやまうとの意味である。
禅宗ではこれを「主一無敵(しゅいちむてき)」(心を一つにして、他に向かわしめないこと)としている。
 誠は「中庸」で「天の道なり」といわれるように、儒教の最高の境地とされている。
よって、誠の人は最初からみだらな考えなど持たない。

言志四録

いずれの教えにしろ、人間の根本性について説くところは「愛」であり、「善」である。
「渋沢栄一訓言集」座右銘と家訓

渋澤 健 (著)
巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」
講談社 (2007/4/19)
P222

 

巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント