So-net無料ブログ作成

人生の楽しみ [人生]

人として生まれたならば、三つの楽しみを知らないのは悲しいことである。
一つは良い行いをして自尊心を高める。
二つは健康で心配事がないこと。
三つ目は長生きをして、人生を充分に楽しむことである。

養生訓 現代文
貝原 益軒 (著) , 森下 雅之 (翻訳)
原書房 (2002/05)
P24

TS3E0486 (Small).JPG宮島

P42
 静かに家の中ですごし、古書を読み、詩歌を楽しみ、香をたき、名書を見、山水を眺め、月花を賞し、草木を愛し、四季の変化を楽しみ、酒を少量たしなみ、自家栽培した野菜を煮たりするのは、すべて心を楽しませ気を補うものである。
 貧乏であっても、このような楽しみはいつでもできることである。この楽しみを知っている人は、財産をたくさん持っていてもこの楽しみを知らない人よりも優れているといえる。


 人生にとっての幸せとは、究極的には好きなことが自由にできる状態だ。経済も政治も産業も文化も、そのための手段として活用すべきものである。
「世は自尊好縁」

堺屋太一の見方 時代の先行き、社会の仕組み、人間の動きを語る
堺屋 太一 (著)
PHP研究所 (2004/12/7)
P57


 私がこれまで出会ったほとんどの人は、あまりに多くの時間を、自分の問題を心配することに費やしていて、楽しむことに取りかかるための時間のゆとりがありません。私はいつも好んで人々にこのように尋ねます。
「あなたが自分の問題を乗り超えた時、残りの時間を全部使って何をするつもりですか?」もっと楽しむことに取りかかることは、幸せでいるために大切なことです。
 もう一つ幸せでいるための要素は、あなたが良い人間関係をしっかりと育むということです。あくせく働くことに人生を費やし、大切なことにフォーカスせずに人生を過ごす人がたくさんいます。
愛することに取りかかるということは、あなたの家族とクオリティの高い時間を過ごせて、あなたの人生において特別な人のための時間をつくるということです。
 あなたが愛する人を見つけるためにも、または、より良い社会的なネットワークや友達のグループをつくるためにも、もっと多くの人と出会うことが大切です。この地球上には何十億もの人が存在していて、誰一人として孤独を感じなければならない理由などまったくないのです。

望む人生を手に入れよう―NLPの生みの親バンドラーが語る 今すぐ人生を好転させ真の成功者になる25の秘訣
リチャード バンドラー (著),Richard Bandler (原著),白石 由利奈 (翻訳), & 1 その他
エル書房 (2011/6/1)
P226


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント