So-net無料ブログ作成

日本教ワールド [日本(人)]

 日本では、「決議は百パーセントは人を拘束せず」、という厳然たる原則がある。
戦争直後、ヤミ米を食べずに餓死した裁判官がひとりいた。ということは、その人が例外なのであって、他の裁判官はもちろんのこと、この法律を議決した議員も、その議員 を選出した国民も、だれひとりとして、国会の議決によるこの厳然たる法律に、百パーセント拘束されていなかったことを示している。

日本人とユダヤ人
イザヤ・ベンダサン (著), Isaiah Ben-Dasan (著)
角川書店 (1971/09)
P107

DSC_6218 (Small).JPG

臼杵石仏

 

P108
日本では、満場一致の決議さえ、その議決者をも完全に拘束するわけでもないし、国権の最高機関と定められた国会の法律さえ、百パーセント国民に施行されるわけで はないから、厳守すれば必ず餓死する法律ができても、別にだれも異論はとなえない。法律を守った人間はニュースになるが、破った人間はもちろん話題にものぼらない。
といって全日本が無法状態なのではない。ここに日本独特の「法外の法」があり、「満場一致の議決も法外の法を無視することを得ず」という断固たる不文律があるからであ る。
~中略~
 ではこの法外の法の基本は何なのであろう。面白いことに、それは日本人が使う「人間」または「人間性」という言葉の内容なのである。
~中略~ 
このどこにでも出てくるジョーカーのような、「人間」という言葉の意味する内容すなわち定義が、実は、日本における最高の法であり、これに違反する決定はすべて、まる で違憲の法律のように棄却されてしまうのである。
守れば餓死するような法律などは、「そんな人間性を無視した法律した法律を守る必要はない」と全国民が考えると、その 瞬間に違憲として棄却されるから、ないも同様になる。

P110
 日本人が無宗教だなどというのはうそで、日本人とは、日本教という宗教の信徒で、それは人間を基準とする宗教であるが故に、人間学はあるが神学はない一つの宗教 なのである。そしてこの宗教は、「人間とはかくあるべき者だ」とはっきり規定している。
つまり一つの基本的宗規が存在するのである。全ての法律、規則、規定、決議は、満場一致であろうとなかろうと、この宗規に違反していないかどうか厳密に審査されねば ならない。従って議決は常に最終的決定でなく、いわば満場一致の決議案に過ぎないのだから、日本人は、これにさして神経質にならない。

P123
川端康成氏がハワイの大学で行ったことをお忘れなく。
日本では「以心伝心」で「真理は言外」であるのだから。
従って、「はじめに言外あり、言外は言葉と共にあり、言葉は言外なりき」であり、これが日本教「ヨハネ福音書」の冒頭なのである。
くれぐれも忘れないでほしい。あなたの生きて来た世界がユークリッドの世界だと仮定したら、日本教の世界は非ユークリッドの世界である。

P125
 前章でのべた法外の法と、今のべた言外の言、この二つが日本教の根本理念である「人間性」を定義しており、一切の異邦人は、この聖域に近寄ることを許されない。
ロ ーマ軍はエルサレムの神殿の支聖所に乱入することができたが、日本教のこの支聖所には、たとえ原爆をもってしても押し入ることはできない。
また異邦人は、日本語がペラペラにしゃべれても、この支聖所をうかがい知ることはまずできない。せいぜい、言外の周囲にあってこれを守っている言葉に近づくことができ るだけである。
従って何時間議論したって対話したって無駄である。ましてやその結果「日本人は結論をはっきり言わない」などという感想をのべるなら、言う方にはじめから 、日本人と語る資格がないのだ、と言わねばならない。
 とすればわれわれ異邦人が日本教に近づく道は三つしかない。まず日本人が、一民族・一国家・一宗団であることを、他の国との比較の上で証明し、第二に、日本教を体 現している人の言行と生涯を考察し、第三に日本教徒の他宗教(この場合はキリスト教)理解の仕方の特質を探ることである。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント