So-net無料ブログ作成

生きるのは大変なんだ [人生]

答えは、ゾウが足を傷つけないようにしたからなんです。我々は、これをスイカだと認識しているから、単純に割ればいいと思うけれども、もしこれがやわらかいものではなくてボウリングの球だったら、バランスを崩して足首を捻挫してしまう。ゾウはこれで死んでしまいますからね。
あるいは、ゾウの足の裏というのはやわらかいので、もし鋭利なトゲのようなものが入っていたら、ガンと思い切り踏みつけてしまえば致命傷を負うわけです。ゾウの体重は4トンあって、1本の足で1トンずつ体重を支えていますから、この足がすごく重要なんです。
それを本能的に知っているから、ものすごく慎重な動きをする。
 そういう解説をした後、「彼らはものすごく慎重で、用心深い生き物なんです。野生で生きるというのは、そのくらい大変だということがわかりましたね」と話した。

マネジメントは動物園に学べ 2011年5月 (仕事学のすすめ)
小菅 正夫 (その他), 野田 稔 (その他)
NHK出版 (2011/4/25)
P25

TS3E0324 (Small).JPG到津の森公園


タグ:小菅 正夫
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント