So-net無料ブログ作成

日本人とコメ [日本(人)]

P82
大前(住人注;大前 研一)
 日本の資本でオーストラリアの鉄鉱石に山を買う。そして二十年間、安定供給してもらうということができます。同じやり方で水田を経営したらいい。そうすると、土地を輸入したことになる。日本という国の中では必ずしも土地を水田に使う必要がない、オーストラリア、ブラジル、アルゼンチン、中国、アメリカで営農をすればいい。
~中略~
鉄鉱石の山をブラジルで買って安心しているのに、なぜ海外の自分の田んぼでつくったものを自分のものと思わないかということです。
 しかし、米も一つの財にすぎません。世界というのは、国境とか、政府を完全に超えた形で、経済的にアメーバみたいな実態になっていると思うんです。

P84
司馬
 日本人のお米に対する感情は、一種の神国思想なんです。弥生式農耕が根づいたときに、神々が生まれて多くの宗教儀礼が生まれたものですから。
大前 でも、アメリカ人にとって、ヘンリー・フォードがつくった自動車はアメリカの文明そのものです。日本人の米と同等に神聖なものなんですね。それを平気で三〇パーセントもとっちゃって、デトロイトが悪いの、経営が怠慢だのと処理してしまう日本人の神経が一方でありながら、米になると待ってくださいというのは、どうなんでしょう。

対談集 日本人への遺言
司馬 遼太郎 (著)
朝日新聞社 (1999/01)

対談集 日本人への遺言 (朝日文庫)

対談集 日本人への遺言 (朝日文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1999/01/01
  • メディア: 文庫


DSC_6243 (Small).JPG臼杵石仏

 江戸期の支配経済は、米を基礎としている。このため米が食物であることにとどまらず、稲作が核になって宗教、哲学を生み、暮らしの文化をつくり、ついには社会的差別まで生んだ。
農が士農工商の次位に置かれたのは、歴史的には士は農から派生したということもあるが、それ以上に大きな理由は米が貨幣同様のものであり、それを基礎として幕藩が成立しているため、それを生む者として農民は、形式上、あるいは功利的理由から、尊重されるかたちがとられていたのである。
 おなじ農でも米百姓に優位があたえられ、かれらは非水田地帯の畑百姓を差別したが、このことはいまはわすれられているようでもある。米百姓も畑百姓も、職人を身分的に軽んじた。村に1戸は鍛冶があり、一戸は大工、さらには左官が住んでいたものであったが、それらは百姓たちから一段低く見られた。米をつくって租税をおさめるということをしないからである。

街道をゆく (12)
司馬 遼太郎(著)
朝日新聞社 (1983/03)
P60

街道をゆく (12) (朝日文芸文庫 (し1-13))

街道をゆく (12) (朝日文芸文庫 (し1-13))

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1983/03/01
  • メディア: 文庫


大和政権というのは要するに水稲農業を奨励し普及し、それによって権力と富を得、秩序の安定を得ようとするせいけんということがいえるであろう。
ユダヤ教やキリスト教、回教のような巨大な形而上的体系でもって民を治めようとしたのではなく、要するに稲作農業という形而下的なものを普及することによって権力を充実させ拡大させた政権で、上代における征服事業というのも、稲作普及軍の一面をもち、山野を駆けまわる非稲作人に打撃を打撃をあたえて「化外」のかれらが水田に定着すればそれでよしとした。
極端にいえば、徳に化(か)していることは定着して稲作をしていることであり、徳に化していない(化外)ということは、稲作をせずにけものを追ったり、魚介を獲ったりしているということであったにちがいない。

街道をゆく〈9〉信州佐久平みち
司馬 遼太郎 (著)
朝日新聞社 (1979/02)
P14


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント