So-net無料ブログ作成

夫子の道は忠恕のみ [倫理]


一五 子曰わく、参( しん )よ、吾が道は一以てこれを貫く。


曽子曰わく、唯( い )。子出ず。


門人問いて曰わく、何の謂( いい )ぞや。曽子曰わく、夫子の道は忠恕のみ。


~中略~


忠は自己の良心に忠実なことであるが、それだけでは他人に通用しがたい。そこで、他人の身になって考える知的な同情が必要である。それが恕であり、忠と恕が結合して一体となっているのが仁なのである。
この孔子の、曽子との「 一貫 」についての問答は、儒教、とくに宋以後の学者にとっては、「 論語 」全巻の根本の原理を述べたことばとして重要視されている。
里仁篇


                  論語

           孔子 (著), 貝塚 茂樹

                       中央公論新社 (1973/07)

                       P102

台湾DSCF0002 (13).JPG


タグ:論語 孔子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント