So-net無料ブログ作成

川の流れは休まない [人生]

一七 子、川の上( ほとり )に在( いま )して曰わく、逝くものは斯( か )くの如きか、昼夜を舎( す )てず。


~中略~


川岸に立っておられた先生がいわれた。
「 過ぎ去ってゆくものはみなこのとおりなのだな。昼も夜もすこしも休まない 」


                  論語

           孔子 (著), 貝塚 茂樹

                       中央公論新社 (1973/07)

                       P249

IMG_0048 (Small).JPG大谷山荘

 ※この川のほとりにおける孔子の詠嘆は、たいへん有名な文句である。ふつうは朱子の新注をもとにして、川の流れが混々として昼夜休まないように、人間もまたそのように不断に進歩してやまないようにせねばならぬというふうに説かれてきた。
吉川幸次郎博士がくわしく論じられているように、古注では人間が川の流れのように、どんどん年をとってゆくことを嘆いたとみる説が多く、六朝の詩人たちもそういう故事としてこの詩をつかっている。~後略

[1] ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。
世の中にある、人と栖(すみか)と、またかくのごとし。

[2]玉敷の都のうちに、棟(むね)を並べ、甍(いらか)を争える、高き、賤しき、人の住ひは、世々を経て、尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家は稀なり。
或いは去年焼けて、今年造れり。或は大家亡びて、小家となる。いにしへに見し人は、二三十人が中に、わづかに一人二人なり。朝に死に、夕に生るるならひ、ただ水の泡に似たりける。

方丈記 現代語訳付き
鴨 長明 (著), 簗瀬 一雄 (翻訳)
角川学芸出版; 改版 (2010/11/25)
P15


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント