So-net無料ブログ作成

戒めをたもち、品性あるある人 [倫理]

  ここで、資産者たちよ。戒めをたもち、品性あるある人は、なおざりにしないことによって、財産が大いに豊かとなる。
これが、戒めをたもっていることによって、品性のある人の受ける第一のすぐれた利点である。
 また次に、資産者たちよ。戒めをたもち、品性あるある人は、良い評判が起こる。
これが、戒めをたもっていることによって、品性のある人の受ける第二のすぐれた利点である。
 また次に、資産者たちよ。戒めをたもち、品性あるある人は、いかなる集会におもむいても、すなわち、王族の集会でも、バラモンたちの集会でも、資産者たちの集会でも、修行者たちの集会でも、どこに行っても、泰然としていて、おじけることがない。
これが、戒めをたもっていることによって、品性のある人の受ける第三のすぐれた利点である。
 また次に、資産者たちよ。戒めをたもち、品性あるある人は、死ぬときに精神錯乱することがない。
これが、戒めをたもっていることによって、品性ある人の受ける第四のすぐれた利点である。
 また次に、資産者たちよ。戒めをたもち、品性あるある人は、身体がやぶれて死んだのちに、善いところ、天の世界に生まれる。
これが、戒めをたもっていることによって、品性ある人の受ける第五のすぐれた利点である。

ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経
中村 元 (翻訳)
岩波書店 (1980/6/16)
P35

IMG_0012 (Small).JPG文殊仙寺

P37
一四三 究極の理想に通じた人が、この平安の境地に達してなすべきことは、次のとおりである。
能力あり、直く、正しく、ことばやさしく、柔和で、思い上がることのない者であらねばならぬ。
一四四 足ることを知り、わずかの食物で暮らし、雑務少なく、生活もまた簡素であり、諸々の感官が静まり、聡明で高ぶることなく、諸々の(ひとの)家で貪ることがない。
一四五 他の識者の非難を受けるような下劣な行いを、決してしてはならない。一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ。

P44
一八一 「この世で人間の最上の富は何であるか?いかなる善行が安楽をもたらすのか?実に味の中での美味は何であるか?どのように生きるのが最上の生活であるというのか?」
一八二 「この世では信仰が最上の富である。徳行に篤いことは安楽をもたらす。実に真実が味の中での美味である。智慧によって生きるのが最高の生活であるという。」

ブッダのことば―スッタニパータ
中村 元 (翻訳)
岩波書店 (1958/01)


 それではチュンダよ、このように考えて、自らを戒めよう。
 荒々しい言葉を語る人もいるかもしれないが、わたしは荒々しい言葉を語らないように努力しよう。
 自分の考えに囚われる人もいるかもしれないが、わたしは自分の考えに囚われないように心がけよう。
 間違った離開や思考を手放せない人もいるかもしれないが、わたしは正しい理解と思考が身につくように頑張ろう。
 見栄やプライドにこだわる人もいるかもしれないが、わたしは見栄やプライドから自由でいられるように精進しよう。
 自分をよく見せたがる人もいるかもしれないが、わたしはありのままの自分で生きていくように努めよう。
                      ―チュンダへの諭し スッレカ経 マッジマ・ニカーヤ

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」
草薙龍瞬 (著)
KADOKAWA/中経出版 (2015/7/31)
P70


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント