So-net無料ブログ作成

君子たるもの [倫理]

孔先生がいわれた。
「君子には守るべき三つの戒めがある。年少の頃は血気がまだ安定していない、戒めは異性関係にある。 壮年になると血気が盛んになる、戒めは闘争好きにある。老年になると血気はすでに衰える、戒めは欲張りにある」
李氏篇

                       
                  論語
          孔子 (著), 貝塚 茂樹
          中央公論新社 (1973/07)
                       P473

論語 (中公文庫)

論語 (中公文庫)

  • 作者: 孔子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1973/07/10
  • メディア: 文庫



 

DSC_9757 (Small).JPG平山温泉 

P473
孔先生がいわれた。
「君子に三種の敬虔さが要求される。天命にたいして敬虔であり、大人にたいして敬虔であり、賢人のことばにたいして敬虔であるということである。
小人は天命を解しないのでこれに敬虔でなく、大人になれてずうずうしくなり、聖人のことばを軽視する」
~中略~
*日本人は無宗教であるといわれる。そのことは、人間を超越するものを信ぜず、敬虔の感情を持たないということである。
中国のかつての支配者は、天にたいして敬虔であった。西洋の支配者は神にたいして敬虔であった。日本の現代の支配者は自分より強い権力者は恐れるが、それだけで、敬虔の感情を持たない。私はこういう権力者の感情と行動にたいしてあわれみを感じる。
李氏篇

論語 (中公文庫)

論語 (中公文庫)

  • 作者: 孔子
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1973/07/10
  • メディア: 文庫


天下国家の主君(しゅくん)たるもの、平治(へいじ)を欲(ほつ)せずと云(いう)ことなし。然(しか)りといえども、愛敬(あいけい)の徳の天下国家を治める大根本(だいこんぽん)なることを弁(わきま)えず。
是(ここ)を以(もつて)殺罰(さつばつ)のことを以て天下国家を治めんとす。終(つい)に亦(また)亡びざるは鮮(すくな)し。 (「中庸続解」)

中江藤樹 人生百訓
中江 彰 (著)
致知出版社 (2007/6/1)
P196


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント