So-net無料ブログ作成

おひとりさまは時間持ち [人生]

 おひとりさまは、「時間持ち」だ。
 浮世の義理も職場の拘束もない、ありあまる自由な時間。
 その時間はもはや「会社時間」でもなく、「家族時間」でもなく、「自分時間」だ。
だが、なにもすることのないありあまる時間は地獄。時間というものは、たんにあればよいものではなく、どうやって使うかが問われる。
1日24時間はだれにも平等だが、それを気ぜわしく動いてあっとううまと感じる人もいるし、無聊(ぶりょう) をかこって眠れぬ長い夜を過ごすひともいる。
「時間持ち」は、ただ時間があるということだけではじゅうぶんではない。そのなかで可処分時間、つまり自分の裁量で豊に使える時間がどれだけあるか、による。
カネ持ちがたんにカネをためこんでいるひとのことではなく、可処分所得、つまり自分の裁量で使えるおカネがどれだけあるか、どんな使い方をしているか、で問われるように。

男おひとりさま道
上野 千鶴子 (著)
文藝春秋 (2012/12/4)
P208

P1000065 (Small).JPG

南禅寺
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%A6%85%E5%AF%BA


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント