So-net無料ブログ作成

世界一薬好きな日本人 [医療]

 高血圧の薬(降圧剤と血管拡張剤)は、今や年間の売り上げが1兆円超巨大市場である。
1980年の終わりごろは、2000億ほどだったから、この二〇数年で5倍にも膨れ上がったことになる(28ページのグラフ参照)。
 日本は、世界の40%もの薬を消費している。その量はアメリカに次いで第2位だ。一人あたりに換算すると、日本が1位である。
 世界一薬好きな日本人が、最も多く飲んでいるのが降圧剤であることは、あまり知られていない。降圧剤は、潰瘍用剤や鎮痛消炎剤を抑え、医薬品市場のトップを占める(29ページの表参照)。
 私たち日本人は、ものすごい量の降圧剤を飲んでいるのだ。


高血圧はほっとくのが一番
松本 光正 (著)
講談社 (2014/4/22)
P27





高塚地蔵尊 (7).JPG高塚地蔵尊





タグ:松本 光正
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント