So-net無料ブログ作成

インフォームド・パターナリズム [医療]


 もう八十歳を越された大先輩の外科医は、「インフォームドパターナリズム」がいいのではないか、とおっしゃっておられた。
患者には説明する。その過程で、まあこいつに任せてもいいかと思われるくらいには信じてもらう。そのうえで、「良かれと思って」、医者が決断する、というのである。

偽善の医療
里見 清一(著)
新潮社 (2009/03)
P160





タグ:里見 清一
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント