So-net無料ブログ作成

メタ認知 [言葉]

 人は物に心を奪われると、我を忘れてしまう。ここで「忘れる」主体は「自分」だが、「自分」には「見る自分」と「見られる自分」がある。
「見る自分」を「(主体的)自我」、「見られる自分」を「(客観的)自己」という。ふだんは自我が自己を見ており、その行動をモニターしている。
これを「メタ認知」という。
そして、自我は自己の行動をコントロールしてもいるのだが、欲望などの動機づけが強すぎると、「見る自分」のはたらきが欠落し、無我夢中の状態に陥ってしまう。

老荘思想の心理学
叢 小榕 (著)
新潮社 (2013/02)
P116


IMG_0012 (Small).JPG福岡空港→新千歳


 私たちは、無意識でさまざまなフィルターを通して、出来事を体験しています。
こうした無意識的なフィルターのことを「メタプログラム」といいます。
~中略~
 人とコミュニケーションをする際には、相手のメタプログラムに合せることで、効果的に働きかけることができます。

脳と言葉を上手に使う NLPの教科書
前田 忠志 (著)
実務教育出版 (2012/3/23)
P125










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント