So-net無料ブログ作成

調身、調息、調心 [倫理]

 初めはどの雲水も、それまでの生活とのギャップに戸惑い、大変苦労します。しかし、ひと月もすると別人です。背筋がしゃんと伸び、きびきびした動きが身につきます。
 禅の道を極めた高僧になると、ただそこにその人がいるだけで、そばにいる私たちの心まで済んでくるような、風格と品を感じさせるようになります。日々の所作を磨き、修行に精進した結果、そのような徳のある美しさが醸(かも)し出されるんです。
 姿勢を整え、呼吸を整えると、心が整う。これを禅では「調身、調息、調心」と言い、座禅の三要素としています。三者が一体となって座禅が完成し、無の境地を味わうことができるのです。
 決して目立つわけではありませんが、周囲を惹(ひ)きつける魅力を持った人が時々います。そんな人は、所作も、呼吸も、もちろん心も普段から整っているはずです。
 心だけを変えようとしても、人はそうそう変われるものではありません。しかし、日常の立ち居振る舞いなら、意識さえすれば簡単に変えられます。

怒らない 禅の作法

枡野 俊明 (著)
河出書房新社 (2016/4/6)
P66










DSC_2668 (Small).JPG荒神谷遺跡

P95
 心のありようを変えたいと思った時、まず形から入るのはとても大切なことです。


タグ:枡野 俊明
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント