So-net無料ブログ作成

過ちて改めざる、是を過ちと謂う [倫理]

三〇 子曰わく、過ちて改めざる、是を過ちと謂う。


衛霊公篇


                  論語

           孔子 (著), 貝塚 茂樹

                       中央公論新社 (1973/07)

                       P450

論語 (中公文庫)

論語 (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1973/07/10
  • メディア: 文庫


台湾DSCF0002 (35).JPG

→過てば則ち改むるに憚ること勿かれ

二一 子貢曰わく、君子の過ちや、日月の蝕するが如し。過つや人皆これを見る。更( あらた )むるや人皆これを仰ぐ。


子張篇

                       P552

論語 (中公文庫)

論語 (中公文庫)

  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 1973/07/10
  • メディア: 文庫



タグ:論語 孔子 子貢
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント