So-net無料ブログ作成

日本人の動物化 [日本(人)]

 言葉と論理があるか、本能以外の自己抑制力を持つかが、人間と動物とを区別する基準であろう。
戦前派が後者の意味での人間であり、戦後派が前者の意味での人間であったなら、人間としての親子関係はなんとか成立の余地がある。
しかし、戦後派は欠損状態以外のなにものでもない。そこに人間関係は成立しないだろう。
親不孝などというものではなく、人間としての親子関係は死滅するとわたしが予測する所以である。

会田 雄次 (著)
日本人の意識構造―風土・歴史・社会 (講談社現代新書 293)
講談社 (1972/01)
P173

-99b59.jpg関門橋

日本人の意識構造―風土・歴史・社会 (1972年) (講談社現代新書)

日本人の意識構造―風土・歴史・社会 (1972年) (講談社現代新書)

  • 作者: 会田 雄次
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1972
  • メディア: 新書




タグ:会田 雄次
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント