So-net無料ブログ作成

清掃 [経営]

身を置く環境を清潔に保つことは大切だ。
そのためにはチリひとつでも見つけたら掃き清めるという心構えが大切。
当たり前のことだが、できる人はすくない。

橋本 保雄 (著)
感動を与えるサービスの神髄―ホテルオークラを築いた人間(おとこ)の経営学
大和出版 (1999/09)
P91

1927454勝林院

元ホテルオークラ副社長が説く実践的サービス論。
筆者は元ホテルオークラ副社長(現顧問)。
長いホテルマン生活での体験に基づく「サービスの真髄」を,「ニーズを創る」「感動を演出する」など5章に分けて説いた内容。

感動を与えるサービスの神髄

心を込めた掃除が、自分を変え、周囲を変える。
人は美しさを求めてやまない。
環境を美しくする掃除は、小我を捨てて大我に生きる、きわめて日常的な修行なのだ。

丸山 敏秋 (著), 倫理研究所
幸せになる法則を発見した人 丸山敏雄伝
近代出版社 (2001/11)
P30

文部科学省生涯学習政策局認可の社会教育団体で、全国に五十万人を超える会員をもつ団体、社団法人倫理研究所。その創始者である丸山敏雄が唱えた、生活の法則と幸せの法則、彼の人と生涯、思考・美学・感性などをまとめる。

丸山敏雄伝

中へ入った場合、まず便所がきれいな店じゃなかったら駄目だね。
宿屋でもそうですよね。
結局、「神経の回りかた」ということでしょう。
他のどんな仕事でも同じだけど、そういうところまで神経が回っていないと、出すものだって当然、神経が回ってこないですよ。

池波 正太郎 (著), 柳下 要司郎 (編集)
新編 男の作法―作品対照版
サンマーク出版 (2004/05)
P16

新編「男の作法」

茶人の第一の必要条件は、掃き方、拭き方、洗い方の知識で、拭き、はたきををかけるには技術がある。
金属の骨董品は、オランダの主婦のようにむやみやたらにはたいてはならない。」

茶の本
岡倉 天心 (著),桶谷 秀昭 (翻訳)
講談社 (1994/8/10)
P58


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント