So-net無料ブログ作成

どんなときでも、商売を明るくとらえる [経営]

「どんなときでも、しあわせになろう」
という気持ちがあったら、お客さんを喜ばせることができるんです。
どんなときでも、商売を明るくとらえることができれば、路地裏でしかお店を出せなかったとしても、
「路地裏でしか出せないムードを利用して、お客さんを喜ばせよう」
とか考えて、その場を100%活かせる知恵が出てくる。それで商売がうまく行くんです。
その後で、もっといい場所にお店が出せるようになったとき、路地裏を利用して成功するだけの知恵をもったんだから、もっといい場所を活かす知恵も出てきます。

斎藤 一人 (著)
ツイてる!
角川書店 (2004/8/7)
p33

-a4e80.jpg都井岬

 

ツイてる!

 また怪しいといえば、これは主に小売店やサービス業の話だが、「立地が悪いからね、うちは」という「売れない原因」をよく聞くことがあるが、これも先ほどの価格などと同じことで、立地が悪くても行きたいという店はある。
 私のよく知っている店のなかで、探すのも困難な店が何軒もあるが、その店のお客さんはその困難を乗り越えて、探してでも行く。 

小阪裕司 (著)
「感性」のマーケティング 心と行動を読み解き、顧客をつかむ
PHP研究所 (2006/11/18)
P45

 

【送料無料】「感性」のマーケティング

【送料無料】「感性」のマーケティング

価格:840円(税込、送料別)

 

心を常に楽しもう

たとえその事業が微々たるものであろうと
自分の利益は小額であるとしても
国家必要の事業を合理的に経営すれば
心は常に楽しんで事に任じられる
「渋沢栄一伝記資料」 青洲百話

渋澤 健 (著)
巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」
講談社 (2007/4/19)
P30

 

巨人・渋沢栄一の「富を築く100の教え」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント