So-net無料ブログ作成

差別化 [経営]

  ビジネスの世界では、差別化がすべてだ。私たちの誰もがこのことを知っている。ビジネススクールでは差別化の重要性を教え込んでいるし、重役室では日々、差別化戦略が練られている。
 しかし、私たちは、「違っている」ことの意味を忘れつつある。私もまたその一員だ。

今日のビジネスにかかわりを持つ誰もが、何が「違い」になり得るかを忘れている。
差別化についての考え方は、どこかが間違っている。「差別化」というコンセプトを口では賞賛しながらも、実際には違いではなく、類似性ばかりが目立つブランドを生み出し続けているのだから。
~中略~

消費者が、ビジネスパーソンの無理解を嘆くのも無理はない。「わが社のブランドは他社とは違います」と伝えてみても、企業も顧客もそうではないとわかっている。誰もが同じ流れの中を漂っている。

ヤンミ・ムン (著), 北川 知子 (翻訳)
ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業
ダイヤモンド社 (2010/8/27)
P158

-c9118.jpg室生寺 本堂(潅頂堂)

P170
差別化は手段ではない。
派手な広告キャンペーンでも商品に加えられた輝く便益でもない。ラミネートされたVIP顧客カードでもなければ、返金保証でもない。

差別化は、考え方なのだ。姿勢であり、取り組みであり、人とのかかわり方なのだ。
目新しいだけの方法ではなく、重視し、尊重し、祝福できる方法で人とかかわりあうことだ。

【送料無料】ビジネスで一番、大切なこと

【送料無料】ビジネスで一番、大切なこと

価格:1,575円(税込、送料別)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント