So-net無料ブログ作成

馬を問わず [倫理]

厩焚( うまやや )けたり。子、朝より退きて曰わく、人を傷( そこ )なえりやと。馬を問わず。


郷党篇


                  論語

           孔子 (著), 貝塚 茂樹

                       中央公論新社 (1973/07)

                      P279

IMG_0047 (Small).JPG大谷山荘


タグ:論語 孔子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント