So-net無料ブログ作成

本当の治療 [医療]

 ナルコプシー(日中の過度の眠気、情動脱力発作委、睡眠麻痺(金縛り)、入眠時幻覚などを主徴とする過眠症。)という病気は今のところ治療法があまりないものですから、メチルフェニデートという覚醒させる薬をずうっと飲ませて、目を覚まさせておくしかあまり手がないんです。
 新聞に載っているように、それと同じような治療がうつ病の人に行われていて、メチルフェニデートを出すと元気が出るのよ。ちょっとやる気が出てくる。でも、それは緊急処置なの。だから、それはよくなるということじゃなくて、麻雀をやっていて眠くなったら覚せい剤を打って、また一晩ぐらい徹夜でやれるというようなことと同じで、緊急の足し、緊急処置です。
 それを、どうしようもない精神科医がずっと、メチルフェニデートを出したりするから、どんどん量が増えていって、だんだん嗜癖になる。それで今度、禁止になりました。
 禁止になって大変なんだよ。官庁はこれを禁止しましたが、医療で作られた嗜癖患者が大量にいますから、その人たちはブラックマーケットでメチルフェニデートを買って使うしかない状態で、今、医療現場で非常に困っています。~中略~
 では本当の治療とはどういうことか。その根本に置かれなければならない治療とは何かと言うと、それは自然治癒です。

神田橋條治 医学部講義
神田橋 條治 (著), 黒木 俊秀 (編集), かしま えりこ (編集)
創元社; 初版 (2013/9/3)
P202

黄檗山万福寺 (27).JPG黄檗山万福寺

P203
 風邪を引いたとか、お腹をこわしたとか、ほとんどのものはこれで戻っていく。そしてこの経過は自然経過です。すべての病気はそれぞれに特有の自然経過があって、その自然経過を把握して、それを少しでも応援するのが、本当の治療です。

P204
 病を消すとか、病の状態を持ち上げるとかいうのでなくて、自分でなんとかして持ち上げていこうとする生体の営みに対して、少しでもよさそうなことをしてみようというのが治療なんです。それが、本当に中心となる治療です。
~中略~
 それからメタボがそうです。メタボは病気じゃないけれど、病気になるような状態だから、食生活を整えて、運動して、少し痩せるとかいうのを「養生」と言います。その養生の連続線上、その延長のような位置にあるものが、最も理想的な治療の中心、核でないといかんのよ。


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント