So-net無料ブログ作成

私生活 [人生]

 私生活というのは、飯を食ったり、排泄したりすることの総和ではない。そんなのが私生活なら犬でもカイコでも私生活はある。
私生活とは、チャンとした考え方、それを大きくは人生観、小さくは処世法とでもいおう、そうしたものによって、キチンと律せられた生活を私生活というのだ。
二十年勤続の銀行員が、無味乾燥な一日のつとめを終えて、家の小さな庭でボンサイを楽しんだり、同好を誘って句会に出かける。
それが私生活だ。魂の安らぎをもとめて静かに聖典を誦し永遠へ思索を参入させる。 これもすぐれた私生活だし、享楽を人生の目的としている人物が、暮夜ひそかに走ってバーの扉を押し、キャバレーで乱痴気さわぎをするのも、厳然たる私生活である。

司馬遼太郎が考えたこと〈1〉エッセイ1953.10~1961.10
司馬遼太郎 (著)
新潮社 (2004/12/22)
P58

DSC_3726 (Small).JPG望雲台>


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント