So-net無料ブログ作成

時間が経過するのを我慢できるかどうか [医療]

P168
 まず、お二人とも、「保留」あるいは「中途半端さに耐える」といったことを重要な能力として強調されています。医療界ではこれまで、何もしない、あるいは保留する、ということは、一種の「敗北」とされてきました。
内田(住人注:内田 樹) めずらしいですよね、春日先生みたいに「待つ」あるいは「とりあえず棚上げしておく」といったことを書かれるお医者さんって。
春日 臨床では「判断に困る」状況がたくさんあります。そういうときにいちいち正論をぶつけられたりすると、議論の途中でめんどくさくなっちゃうんですよね。
~中略~
春日 その通りです。数日したら「なんかわかんないけどよくなっっちゃった」とか「全然関係ない理由で亡くなっちゃった」とか、議論の余地がなくなってしまうこともありますからね。

P171
春日 僕は、「中途半端なところで時間が経過するのを我慢できるかどうか」っていうのが、援助者の実力のひとつだと思っています。

「治らない」時代の医療者心得帳―カスガ先生の答えのない悩み相談室
春日 武彦 (著)
医学書院 (2007/07))

 

DSC_3041 (Small).JPG宗像 大島


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント